美容脱毛

当院の美容脱毛の特徴

Point1 痛みが大幅ダウン

当院では電気脱毛ではなく美容ライト脱毛を取り入れており、お一人おひとりにあわせたレーザー出力に調節しています。そのため、電気脱毛のような耐え難い痛みはなく輪ゴムが当たった時に感じる程度の刺激ですみます。

Point2 短時間での脱毛が可能

1度の照射で広範囲の脱毛が可能です。
それにより、脱毛がとてもスピーディーになりました。
両脇で約5~7分程度、両脇下でも60分程度で施術が可能です。
お手入れ期間に個人差はありますが、約1年半~2年程度で減毛できます。

Point3 皮膚へのダメージが少ない

美容ライト脱毛は皮膚へのダメージが少ないので、全身ほとんどの部位に照射可能です。
脇やビジニライン・背中・うなじ・お腹などはもちろん、顔のウブ毛などデリケートな部位でも安心して脱毛できます。
また、脱毛クリームやカミソリ等での自己処理は皮膚の表面を傷めてしまいます。
しかし光脱毛は、周囲の皮膚を傷めずに脱毛できる、肌に優しい脱毛法です。
皮膚に負担が少ないため、皮膚の弱い人にもおすすめです。

Point4 美肌効果UP

脱毛することで毛穴が引き締まり、キメが細かくなるため、より仕上がりが美しくなります。

Point5 混合毛にも効果的

いろいろな波長の光が出ているので、減毛が難しい混合毛にも効果が期待できます。

光を用いた脱毛とは?

光を用いた脱毛とは?

レーザー光には特定の色を感知し、その部分だけ集中的に熱を加え、反応をさせることができるという特徴を持っています。こうした特徴を生かして、毛根にある黒い色素(メラニン)のみに反応して熱を発生させることで、脱毛しています。

日本人には毛根だけでなく表皮にもメラニンが存在しているので、こうした点を考慮した機器でレーザー光線を照射すると周囲の皮膚に反応しないので、やけどや色素沈着の心配もありません。

美容ライト脱毛のメカニズム

まず、照射部位を剃毛します。次にジェルをのせ、光を照射します。
メラニン色素に吸収された光エネルギーは熱を発生させ毛根周辺に存在する発毛組織を熱変性させます。
熱変性により毛の再生機能を低下させることで減毛を達成させます。
照射後の毛包は熱を持っているので鎮静します。
この後毛は、1~2週間程度で老廃物として体外に排出されます。

美容ライト脱毛のメカニズム
美容ライト脱毛のメカニズム
美容ライト脱毛のメカニズム
美容ライト脱毛のメカニズム

自己処理のメリット・デメリット


メリットデメリット
剃る
痛みがなく、1度に広範囲行える。 
持続性がない。
乾燥や色素沈着の原因となる。
抜く
持続性がある。
時間がかかる。
痛みを伴う。
脱毛ワックス
一気に広範囲の処理が可能。
痛みを伴う。
金銭的負担が大きく、肌への負担も多くかかる。
除毛クリーム
痛みがなく、1度に広範囲の処理が可能。
トラブルの原因になる。
持続性がない。
電気シェーバー
痛みがなく、1度に広範囲の処理が可能。
トラブルが少ない。
持続性がない。

脱毛後のケア~ワキトリートメント~

脱毛後のケア~ワキトリートメント~

黒ずみがない!毛穴がない!
ツルツルでキレイな見せられるワキ”を作りませんか・・・!?

脱毛後、ワキが黒ずんでいたり、トリ肌になっていたりすると、思い切って腕をあげたりできないとお悩みの方にはワキトリートメントがおススメ。

超音波の効果で今までにない、新感覚のトリートメントを実感下さい!!

5分程で効果を実感!!

目指す効果

□毛穴に詰まった汚れをすべて除去

□ニキビ、色素沈着、毛穴の汚れを改善

□古い角質を取り除き、お肌の新陳代謝UP

❅こんな方にオススメ

□脱毛後の黒ずみやトリ肌

□肌の黒ずみ

□毛穴の開き

ピアスの穴あけは開ける位置やホールの角度、素材や形・太さ・長さ、穴の開け方によって仕上がりに差が出てきます。

特にボディピアスは、穴あけ後の不適切な処置や間違ったファーストピアスを使用したりするとトラブルを引き起こしたり、傷になるなど、ピアスが美しくフィットしないこともあります。

清潔操作でピアス穴あけし、当院ではアフターケアもご指導します。